らせん階段【らせんかいだん】



柱を中心に、つるまき状に曲線を描く階段を、らせん(螺旋)階段といいます。
その構造のため、蹴込みのないスケルトンタイプが中心です。
通常の階段と比べ、円筒形の空間を効率的に使うため、設置するスペースは小さくなります。しかし個別性が高いため施工料が割高となる傾向があります。以前は、らせん階段といえば、ビルの非常階段などのイメージでした。しかし現在は、そのインテリア性が人気をよび、室内ならリビングと2階ホール、屋外なら庭とルーフバルコニーなどの動線に使用されるケースが増えています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 大阪 新築
  • 福岡 注文住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト